mero!!





Blog*
Profile
Links
Sponsored links


Latest entries
Recent comments
Recent trackback
Archives
Categories
Others
Visitor


Search

Recommend
Recommend
Recommend


2011年も良い年になれ★

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
明日はお休みな人

ここ最近
「脳内、“アラシ”と“カメラ買いたい”だけで全部埋め尽くされてるんじゃないだろうか」
って思うんですけど。


将来についても多々考えなきゃならないことがあるのに。
てかそれは常日頃あたしを取り巻いてるんだけどね。
はや4年になるよ。あーあ。(ホントニナ

実際のところ、本屋さん行ったりWSとったりとかっていう前みたいなライフワークはもういいやってなってるんだけど、ただただ
「舞台、せめてもう一日入りたい」
「東京だったら青山に通えるのにさ」
「なんで凱旋コン行けなくなったかよーく考えてみなさいよあんた」
そんなんが頭ぐーるぐる。
生がいいよやっぱし。
ヲタクってるよりアイタイデース(…)
いたって幸せじゃないあらしっくキャンペーン中。
ここんとこ気持ちが落ちてるからか、また何か探しては逃避してるのでいけませんいけません。
決めたことは最後までやりきらなきゃならないのです。
ていうか、そーいう頑固でどーしようもない性格なくせに、肝心なところが弱っちいんだ。
誰か言ってやってよ!(オマエ
・・・精進します。(…)


話は変わり、明日は休演日だねおおのさん。
今日は翔ちゃん潤くん観劇だったそうだけど、残すはアイバー(*'∪')人('∪'*)
キンパツアイバー!(しつこいよ)
MAももう観劇してるし、今回は皆さん着々とって感じですね。(アイサレサトシー


ああそうそう。
父上様なみーこはチラっと見たよん。
会見風景でずらりと並んだ大物さんたちの中に、小さな大物さんを発見☆
相変わらずの「出ようかなと思いました」発言にはドキドキオドオドしたものの、倉本さんに可愛がられてる感じはよーく伝わってきました。
和ちゃんの発言も、寛大な心で受けとめてくれる人なんだわキット。
可愛がられ上手で良かったよほんとに、なんて思いながら見てました。何様なんでしょうね。(オマエ

それはいいんだけどね、みーこの斜め後ろの人、、、よこやまさーん(;∀;)ガ・ン・バ・レ
こちらの胃が痛くなりそうでした。
どーにもこーにも白さが増してた気さえしました。
みーこのニッキに書かれてたことが、たくさんの人にえらくリアルに蘇って伝わったんじゃないかななんて思いました。

にしても、そりゃあ緊張するよ!的なメンバーだったなぁ。
ドラマのキャストはまったく知らなかったんだけど、あの中でドーンと落ち着いて座ってられる和ちゃんが不思議でなりませんでした。
というか、まわりの方がえらくベテランさんばかりで、あたしのドラマのイメージは渡る世間的なものに決定しましたとさ。(喜劇だってば


また話戻しますよ。
ってカメラ話なんだけど(懲りろ)
来年1月の末に、大阪でカメラまつり?みたいなのがあるらしいんだけど、ちょいと欲しくなってたカメラも出るらしーの。
あわよくば、うちの子にできたらと企んでる最中です、、、ふふふー。
諭吉が、示し合わせたように一斉に私のもとを離れる気配があります。。。ああオソロシヤ。
けど、それはまだどーするかわかんないしね。
それより、そのカメラまつりの期間の前にある“ワークショップ”なるものに 初めて申し込んでみたの♪
抽選になったら間違いなくはずれそーだけど、行けたらいいなぁ。

| comments(2) | trackbacks(0) | *ARASHI@Stage* |
<< 確信犯なツンデレ戦法 | main | 黄色ですか赤ですか >>
スポンサーサイト

| - | - | - |
育成ゲームならmeromeropark
初めまして☆彡
検索してたらここに辿り着きましたっ♪
神奈川住みの19歳、櫻井翔様担当の絵美と申します。
もしよろしかったら、お友達になってくれませんか?
是非◆△錣燭靴離屮蹈阿砲睛靴咾僕茲堂爾気vv
待ってますね♪♪
絵美 (2006/12/14 1:11 PM)
初めまして絵美さん。
お返事が遅くなり申し訳ないです。
絶好調超!〜のハルユリです。
こんなところですが、また遊びにきてやってください。
読み逃げ率が高いかもしれませんが(スイマセン)、こちらからも遊びに行かせていただきますね。
仲良くしていただけるとうれしいです☆
ハルユリ (2006/12/18 1:21 AM)









url: http://satoshiyu-ri.jugem.jp/trackback/899